Menu

ロボットプログラミング

Home

身近な「もの」を”使うだけ”から”作り出せる”人に

「身近なもの」をテーマに学習

ロボットプログラミング教室

本講座では、信号機・自動ドア・踏切など生活に身近なものをテーマに学習します。
実際に社会で役立っている機器のしくみを考え、自作・検証することで、社会と技術の両方を学び、「自分で作り出せる」と実感してほしいです。
毎月新しいテーマを設定して子どもたちの興味関心を引き出し、それを作る過程で創造力を育てていきます。

つくって こわして また、つくる

シンプルな基本パーツと表現力豊かなArtecブロック

ロボットプログラミング教室

ロボットの組み立てには、モーター・センサー・LEDなどの基本パーツと縦・横・斜めにつなげられるArtecブロックを使います。
基本パーツの種類を絞ったシンプルな構成のため、キット代が安価で済みます。
毎月新しい新しい課題に取り組むうえで、基本セットのみで信号機から歩行ロボット、アームまで多様な形が作れます。

リアルにこだわったテキスト

日本のものづくりメーカーが協力

ロボットプログラミング教室

テキストは、ロボットの組み立て手順だけではありません。
「もの」の形や色づかい、それが作られた目的などを豆知識を交えながら詳しく紹介しています。
「もの」を実際に作っているメーカーへのインタビューも掲載し、今後目指していく方向性やプロの心意気まで幅広い内容を伝えています。

小学生にもわかりやすい

ビジュアルプログラミング言語

ロボットプログラミング教室

プログラミングには、マサチューセッツ工科大学で開発された子ども向けのプログラム言語「Scratch」をカスタマイズしたものを使います。
プログラムを全く知らない子どもたちでも、視覚的に操作できるのが特長です。
マウス操作と簡単な文字を打ち込むだけで、C言語に近いプログラムがつくれます。

学校で扱う教科を複合的に取り入れたカリキュラム

21世紀型スキルの育成と深い関わりのある学習領域として、「STEAM」という言葉があります。
STEAMは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術・技巧)、Mathematics(数学)の5分野学習のことで世界的に重要視されています。
本講座では、カリキュラムや教材に工夫をこらし、STEAM領域(理科・図工・算数)はもちろん、社会科や音楽、家庭科の学習まで、学校で扱う教科を豊富に織り込んでいます。

PDCA+STWのダブルループ学習方式

考える習慣を身につける

ロボットプログラミング教室

21世紀型スキルを育てるため、同様の講座の多くが、PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルでの問題解決法を取り入れています。
本講座では、さらに一歩踏み込んで、見て(See)→考えて(Think)→類推する(Wonder)ことで今の計画を再評価しながら進めるダブルループ学習を行います。社会の変化や新技術にも対応できる、柔らかい頭を作ります。